• ホーム
  • 高血圧予防のための食生活のアドバイス

高血圧予防のための食生活のアドバイス

血圧測定器

高血圧は動脈硬化を代表として様々な疾患のリスクファクターとなることから、健康な生活を送っていくためには予防の観点が欠かせません。
現代日本においては成人の4割、高齢者の半数以上が高血圧になっていると推定されていることから、誰もが気にかけなければならない疾患の一つとなっています。
高血圧予防を行っていく上で重要になるのが触接かつの見直しです。
日本において高血圧患者が多い原因の一つとして、日本の伝統的な食文化が影響しているという考え方があります。

日本における食文化の代表的なものとして、うどんやそばなどの麺類や鍋料理に加え、保存食として広く用いられてきている漬物や調味料として独自の醤油や味噌があります。
これらの食文化は日本人の生活として欠かせない物となってはいるものの、共通することとして塩分の過剰摂取につながってしまうというデメリットがあります。
これに加えて、欧米などから輸入されてきた高塩分や高脂質の食事が導入されたことによって高血圧のリスクが高まってしまっていることは否めません。

減塩食を心がけるというのが高血圧予防において最も有用な手段であり、食生活の中で塩分が過剰になってしまっている場合にはその削減を行っていくということが重要になるでしょう。
塩分の高い食事をただやめてしまうのではなく、食生活の中にうまく取り入れていくという視点を持つと取り組みが長続きします。
うどんやそばを食べるときにはつゆを飲まないようにしたり、漬物を食べる量を今までの半分にしたりといった取り組みだけでも予防に向けた取り組みとして十分なものとなります。
そういった視点をもって食事を考えていくことが最も大切な点となるでしょう。

関連記事